サラリーマンにお勧めの図書「世界は感情で動く : 行動経済学からみる脳のトラップ」

世の中は合理的にはできていないことがわかる本

「世界は感情で動く : 行動経済学からみる脳のトラップ」は、統計や実験による行動経済学の観点から、世の中に起こる事象をまとめた書籍です。

私達は普段の生活の中で数多くの経済活動をしていますが、それは必ずしも合理的な判断によって行っているわけではありません。

例えばふらりと街を歩いていたときに見かけた品物を衝動的に買ってしまったり、自分の周囲で同じようなものを持っている人がいるのでなんとなく自分でも買ってみた、というような具合です。

他にも「自分の予想はいつも当たる」や「記憶力がよく幼い時の記憶も明確に残っている」といった経験は、多くの人にあるのではないかと思います。

個人レベルで見るとそうした感情による経済活動は特に問題のないありふれたことです。
しかし世の中という広い目で見た時、そうした感情的な経済行動が、時に政治やマクロな経済動向を形成していたりします。

行動経済学とはそうした集団の経済行動を過去の事例をもとに研究したもので、必ずしも合理的でさえあれば世の中に受け入れられるわけではない、という疑問を明らかなものにしています。

普段から「自分はいつももっとも合理的と思うことだけをしている」と思っている人ほど、案外こうした感情のトラップにかかってしまっている事が多いので、自分の行動を振り返るという意味で一読をしてもらいたい、おすすめの書籍です。

不確実な世の中になると人は非合理的な行動に出る

著者はダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーの二人で、主に1970年代後半~1980年代前半にかけての経済行動を詳しく研究してきた学者です。

研究の結論として、「人は不安定な未来に直面した時に不合理な行動に出る」としており、その傾向をいくつかの規則に分類して解説しています。

具体的には「プロスペクト理論」という、リスクを伴う決定をする時にどういう思考をするかということで、利益と損失の両方を避けられない時にどういう行動をとりやすくなるか、ということを本書の中で示しています。

行動経済学は非常に奥が深く、現在もまだ研究をされている分野ですが、その入門書としてこの本は非常にわかりやすくまとまっています。

セールスや経営の仕事をしている人はもちろんのこと、一般教養としても非常に興味深い内容となっているので、より幅広く読んでもらいたいです。

選挙や会社の人事採用といった現場のような「人を選ぶ」場面においては、必ずしも利益と損失が目に見えるわけではありませんので、直感や感情による曖昧な選択というものが顕著になってきます。

特に株価の予測など大きな視点で見たときの経済学の理解が大きく変わってきますので、一冊読み終わるときには世の中を俯瞰して見ることができるかもしれません。

サラリーマンにお勧めの図書「ビジョナリー・カンパニー 2 – 飛躍の法則」

ベストセラー「ビジョナリー・カンパニー」の続編

「ビジョナリー・カンパニー」は1994年に出版された、全米の会社への調査をもとにした優秀な会社の紹介書籍です。

選出された企業は長期間持続する成功を導き出しているといい、もともと小さな企業としてスタートしたものがどういった流れで急成長したか、といったプロセスを丁寧にまとめていました。

発売以来ベストセラーとなった大人気のビジネス書籍ですが、2001年に待望の第二弾として発売されたのが「ビジョナリー・カンパニー 2 – 飛躍の法則」です。

この本は前作同様に約1500社を超える企業調査をもとにその特徴を述べており、調査をする中で浮かび上がってきた意外な真実や特徴を項目別に紹介しています。

興味深いのは飛躍を導いた経営者の特徴として「カリスマ的な魅力を持った人物というよりも、地味で謙虚な人が多い」ことや「目標を決めてから人選するのではなく、人選をしてから目標を定める」といったことを述べている点です。

また、同じく成功した経営者は自社の業務をしっかりと把握しており、世界一になれる分野はどこにあるかや、経済的原動力はどこにあるかといった冷静な判断をしていると言います。

時には会社の中核事業となっているものをバッサリと切り捨てる覚悟も持っているとしており、これからのリーダー像についてかなり深く考えさせてくれます。

全米で飛躍を遂げている会社とは

前作「ビジョナリー・カンパニー」と第二弾の「ビジョナリー・カンパニー 2 – 飛躍の法則」は、同じく飛躍した会社を丁寧に取り扱っているものの、その切り口は大きく異なっています。

前作「ビジョナリー・カンパニー」では、どちらかというと現在飛躍している企業はどういったところに原動力があるかということを多面的に分析しており、結論として経営者の存在が最も大切としています。

しかしそうした結論は、経営者に恵まれない会社は全て成功することができないという結論にも読み取れてしまうので、納得ができない読者も多くいたようです。

そこで「ビジョナリー・カンパニー 2 – 飛躍の法則」では、経営者以外の要素で飛躍することができるか、ということを丁寧に研究しています。

先に触れたいわゆる「地味で謙虚な経営者」というのは、会社が成長中の時期であっても自らをマスコミに売り込んだり、自分の野心を実現しようとはしない人であるとしています。

すなわちそうしたタイプの経営者は、自分のことよりもむしろ会社の成長を真摯に考えており、それが結果的に冷静な判断につながっているのです。

新たなリーダー像が述べられたことにより、通り一遍ではない経営者像が浮かび上がってきたと言えるでしょう。

サラリーマンにお勧めの図書「ネクスト・ソサエティー歴史が見たことのない未来がはじまる」

日本でも有名になったP・F・ドラッカーの著書

2000年前後に日本ではドラッカーがビジネス書の大ブームとなりましたが、この「ネクスト・ソサエティー歴史が見たことのない未来がはじまる」も、そんなドラッカーブームの中で出版された著書の一つです。

あまりにも人気が出過ぎてしまったためにちょっとミーハーな印象もついてしまったドラッカーですが、内容は間違いなく素晴らしく、ビジネスに関わる人でなくとも十分に参考にすることができます。

ドラッカーの有名な著書としては他に「仕事の哲学」や「プロフェッショナルの条件-いかに成果をあげ、成長するか」といったものがあります。

この「ネクスト・ソサエティー歴史が見たことのない未来がはじまる」では、現代人が迎えている時代の変化に着目し、今後はどういったビジネスパーソンが必要とされるか、ということを独自の視点で語っています。

この本で語られている「ネクスト・ソサエティ」とは1969年に出版された、同じくドラッカーの著書「断絶の時代」を受けたもので、少子高齢化や雇用形態の変化により今後起こるビジネスの変化を予言しているのです。

そうした時代の変動は避けることができないものである、ということまず前提に、そこで個人はどうキャリアを伸ばしていくべきかや、マネジメントはどういう方向を目指すべきかと言ったことを具体的に論じています。

ドラッカーは歴史や時代の変化を経済に結びつける独自の広い視点を持っているところが特徴ですが、その本質を見つめる冷静な分析は今を生きる私達に力強く響いてきます。

官僚主義のメリットが最終的な結論に

ざっくりと「ネクスト・ソサエティー歴史が見たことのない未来がはじまる」の内容をまとめてみます。

この本では現在の少子高齢化や急激なIT化など複数の社会的事象により、新しい経済構造が必要になるとしています。

これまでの世界経済ではアメリカの「株主主権モデル」、日本の「会社主義モデル」、ドイツの「社会市場経済モデル」の3つが主流となってきましたが、いずれもこれからの社会には対応ができないとしているのです。

これからの世界においてはこの3つはどれか一つに極端に傾くのではなく、バランス良くそれぞれのよいところを取り入れるという姿勢が大事になるといいます。

また、もう一つ特徴的なのが何かと批判の的になりやすい「官僚主義」を非常に有効なものとしていることです。
これまで同様にこれからの世界にも官僚が世界のリーダーシップをとっていくのだと、まとめています。

日本においては官僚主義は非常に難しい問題とされており、硬直的な政治運営や上層部の腐敗ということはありつつも、先送り主義や天下りといった方法は最終的に世の中のメリットになるとしているのです。