サラリーマンにお勧めの図書「人生と財産」

和製ウォーレン・バフェットと言われる本多静六

日本人はお金の話が苦手と言われていますが、明治時代よりもさらに以前の江戸時代に既に「お金の活かし方」を理解していた日本人が存在します。

それが本多静六で、幼少時代に貧しい生活を送ったにも関わらず85歳で亡くなるまで、造園家として巨額の富を築きました。

本多静六が生きた時代はかなり昔のことではありますが、その生き方や残した言葉は現代に十分通じるものがあり、半生を綴った書籍は今も非常に人気があります。

この「人生と財産」は本多静六が自分自身で発見した金銭と財産の哲学を一冊にまとめたもので、お金のことを学ぶ教本として名作中の名作と言ってよい本です。

出版社は日本経営合理化協会出版局で、2000年1月に出版して以来大人気で版を重ねています。
単行本ながら10,000円を超える中古品が出回っており、自分で購入をするにはちょっと苦労をしてしまうかもしれません。

「よき人生は、よき人生計画に始まる」

本多静六は非常に名言を多く残した人であり、その言葉の裏には苦労をして過ごしてきた半生がにじみ出ています。

生まれは現在の埼玉県久喜市菖蒲町にあたる旧武蔵国埼玉郡河原井村というところで、生家は村でも代々名主を務める裕福な農家でした。

清六は六男として生まれているのですが、9歳のときに父親が急死をしてしまったために一気に家に借金が発生し、それまでとは打って変わって厳しい生活を強いられることになりました。

そんな中でも必死に勉強をして14歳の時には書生として先生の家に住み込み、農家の仕事が少ない時期には上京して勉強を続けました。

明治17年には大学を主席で卒業しており、その後ドイツへ留学します。
帰国後は母校に戻って助教授に就き、教授になりました。

学者としての顔を持ちながら堅実な造園家としても知られており、日比谷公園や北海道の大沼公園、福島の鶴ヶ城公園などといった有名な公園の設計・改良を行います。
さらに関東大震災の時には内務大臣より復興計画を依頼されました。

貧しい農家から着実にステップアップをしていく様子は和製ウォーレン・バフェットを思わせますが、本人は自伝の中で、自分は凡庸な才能の持ち主であったとしています。

何度も本の中で語っているのは「計画と実践」であり、手っ取り早く成功をしようと思うものは手っ取り早く失敗もする、とたしなめています。

また批判や否定的なものの見方ばかりする人を注意しており、世の中のものの見方を変えればそれだけで成功に近づく、という哲学を唱えています。

「よき人生は、よき人生計画に始まる」というのも本多静六の残した代表的な言葉の一つで、焦ってすぐに結果を出そうとするのではなく、着実に結果を出すことができる方法を考えながら生活していくことが大切としているのです。

OpenText ECM

コンテンツをまとめて管理できる

PCのキーボード
OpenTextECMの長所は多様性に優れいているところにあります。

近年では、OpenTextECMのような管理システムが増えていますが、OpenTextECMのようにエンタープライズコンテンツに長けている管理システムは少ない状況です。
主に記録と言われているレポート、もしくはメールや画像、音声、動画などを分別して保存されるようになっているシステムなので、このような作業もまとめて行えるようになっています。

ファイルの分類で例えるのであれば、拡張子による分類に近いシステムとなっているのです。

これらの作業を1つずつ行うということも不可能ではありません。
ですが、ジャンル別で仕分けるというのは大変なため、人によっては途中で音を上げてしまう・・・ということもあるでしょう。
そのような問題を補完してくれるのがOpenTextECMなのです。

OpenTextECMは、幅広いコンテンツを的確に分類してくれます。
これにより、エンタープライズコンテンツのような複雑なコンテンツを簡素化できるのです。
分類されていないファイルの中には、すでに使われていない不要なファイルも含まれるでしょう。

このようなファイルを放置していると、後になって削除すべきかどうか検討しないといけなくなります。
ですが、OpenTextECMはファイルそのものの優先度も判別してくれますので、今では使われていないファイルを、一目で理解できるようにしてくれるのです。

適切な管理が行われていると、結果的に人件費削減にもつながります。
そのため、OpenTextECMはコンプライアンスの強化においても評価されています。
そのため、OpenTextECMには操作権限の設定、統制管理をグラフィカルにする機能も備えていますし、感覚的に操作ができるシステムとしても評価されているのです。

スマートな管理においても心強い

OpenTextECMはスマートな管理においても心強い一品です。

企業に蓄積されているコンテンツ、もしくはノウハウなども分類別で分別してくれるので、間違ったコンテンツを共有してしまう心配がありません。
人の手では、どうしてもこのようなミスも起きてしまうので、今ではOpenTextECMのようなシステムが認知度を上げているのです。

さらに、企業のプロフィットも支援しています。
検索機能にはエキスパート検索機能が採用されていますので、良く検索されている語句(キーワード)についても、OpenTextECMであれば一発で表示され、検索をサポートしてくれる仕様になっているのです。

これにより作業全体のスマート化を果たせますし、コンテンツを活用して新しいプロジェクトを起こす際も、ミスのない状態でプロジェクトを起こせます。

オープンソースECM「NemakiWare」

オープンソースECM「NemakiWare」とは

世界
オープンソースECM「NemakiWare」の特長ですが、オープンソースとなっているため自由に拡張・連携できるようになっているのが特徴です。

オープンソースとは、自由に研究・開発できるようになっているソースのことで、ソースというのはプログラミングなどのことです。

つまり、オープンソースECM「NemakiWare」を使ってみて、不足している部分がある・・・と感じた際は、好きなようにカスタマイズしてもOKという仕様になっています。
なので、製品版と言われている商品とは違い、基本的にカスタマイズ前提で作られているシステムでもあるのです。

オープンソースの魅力は、なんといってもシンプルな機能が多いところでしょう。
好きなようにカスタマイズできるようになっているだけでなく、全体的に新しいシステムを作るための受け皿が用意されています。

開発に特化されている一面もありますので、開発に慣れている人であれば好みのシステムを簡単に作れるのです。
また、問題がなければ標準搭載されている機能をそのまま使うということも可能です。

オープンソースECM「NemakiWare」の場合、以下のような機能が標準搭載されているので、それほどシステム面で困ることも無いでしょう。
オープンソースECM「NemakiWare」の機能その1ですが、アクセス権限をコントロールできるアクセスコントロールという機能が搭載されています。

そのため、ファイル更新の権限は与えるが、それ以外の対応を行えないような情報の共有も可能です。
社内の場合、大まかに管理されているファイルの中には、承認が必要となっているものもあります。
このような場合、オープンソースECM「NemakiWare」を用いていると、承認以外のみ更新可能という状況で、ファイルの共有を行えるのです。

また、オープンソースECM「NemakiWare」は独自の属性を付与することもできます。
例えば、他のファイルとは別種のファイルが存在した場合、そのファイルのみ独自の属性に置き換えるという対応も可能です。
指定したファイルをすべて独自の属性に置き換えることもできますので、ファイルの一括管理においてもオープンソースECM「NemakiWare」は便利なのです。

さらに、オープンソースECM「NemakiWare」には承認などのログを残しているので、今までのワークフローをまとめてチェックすることもできます。
優先して対処しないといけないファイルをチェックできますので、ファイルの確認、承認漏れなどが発生しないように工夫できるのです。

誤った操作が発生した際もリカバリ可能

ファイルの管理で多いミスに、誤った情報で上書きを行ってしまうということがあります。

ですが、オープンソースECM「NemakiWare」にはファイルサーバーリプレースという機能がありますので、このような問題にも対応できています。
ファイルサーバーリプレースにより、ファイル、フォルダに対する操作をやり直すことが可能となっているので、ミスが発生しないように工夫されているのです。