サラリーマンにお勧めの図書「採用基準」

実際にわからない採用基準

採用基準

就職活動を行っていると疑問に思うのが、最初の合否になります。
エントリーシート情報や面接を行うだけで合否を決めるのは、どのように決めているのか学生ならば誰でも知りたい情報になります。

しかし、就職活動中にこの情報を実際に知る機会は一切ないというのが現実になります。
実際に選考を行う企業の採用したでは、トラップや伝えた情報を分析しているか本人の自己判断能力を知るためにこれらのテストを行う企業があります。

また、都市伝説となっている事は実際には起こらないことが現実なので、何事にも一生懸命取り組む姿勢や最近の世代にないあきらめない努力が必要と考える採用者がいます。

そのため就活では絶対に落ちる条件が決まっていても受かるマニュアルが存在しないので、噂を信じないことと自分を信じることが就活には必要となります。

書籍採用基準

就活生が気にするタイトルの本が採用基準です。
この採用基準の本では、実際に大手企業で採用担当を行っていた人が実際に著した本になります。

そのため期待してしまうのがこの本を読めば確実に就活が成功すると考えてしまう人たちです。
この本に書かれている内容や著者の話では、会社で社員の仲間を牽引するリーダーシップに関して書かれている本になります。

この本で記載されているリーダーシップの中でも英語力に関する記載があります。
多くの日本人は苦手としているのが英語力だといえます。

普段から英語を基本としてを会話や英語の文章だけで仕事をする機会が少ない日本人にとっては、英語が苦手な人が多いです。

しかし、現代の日本の企業では英語力に関する危機感が持たれているため英語力を養う努力をしている人が多いです。
リーダーシップとして必要な資質だけでなくリーダーシップの欠如に関する問題意識が少ない点があります。
また、リーダーシップを教える年齢が決まっていないのが日本の学校だといえます。

リーダーシップの資質は統率力や牽引力よりも問題解決ができる能力が必要だとこちらの本では記載されています。
今までのリーダーシップ論とは異なるリーダーシップの資質を記載しているのがこちらの採用基準の本になります。

また、こちらの採用基準の本の中で記載されているリーダーシップのイメージとして日本と諸外国とくにアメリカや欧米のリーダーシップのイメージの違いを如実に表しているので、国際社会や国際経済の中で企業が戦っていくこ行くために必要なリーダーシップ論の説明があります。

現在のグローバルの企業で求められているリーダーシップの資質なので、サラリーマンの人が出世していくまたはリーダーとしてプロジェクトを遂行していく時に必要な心づもりを勉強することができます。

サラリーマンでリーダーに抜擢され不安になっている人は、こちらの採用基準の本を読んで今後求められているリーダーシップの人物像を想像するのも自分自身のスキルに役立つことになります。

サラリーマンにお勧めの図書「君に友達はいらない」

本を読む理由

勉強

サラリーマンの中には、時間がないと一方的に決めて本を読まない人がいます。
電車通勤などをしていれば本を読む時間を確保できることになりますが、それ以外の通勤方法の場合には本を出勤途中で読むことが難しいです。

最近は電子書籍の普及によりスマートフォンを利用することで本を読むことができます。
そのおかげでサラリーマンの人たちが満員電車の中でも本を読むスペースを確保することができます。

本を読む理由としては、いろいろあるため、きりがないのですが、テレビを利用した情報収集の場合には、一方的にテレビが情報を伝えるだけになります。

テレビの音声が耳からそして映像が目から入るため本人は考えずに情報を入手できますが考えながら見なければ情報を定着するのが難しくなります。

本の場合には、自分の意思がなければ本の情報を入手することができないです。
目で文字を読みながら脳で考えることで情報を入手し定着することができます。

また、本を読むことが情報を入手するだけでなく、本の文章力を勉強することができビジネス文書などの作成向上につながることになります。

サラリーマンの中には本を読むことが苦手な人もいますが、最初から難しいをを読むのではなく読みやすいもしくは簡単な本から始めることで文章の力も養えることになります。

経営者の本

サラリーマンの場合には経営者は対極の場所に存在することになります。
それはサラリーマン全員が経営者として仕事をするわけではないので、経営者の考え方を知る必要はないと考えるサラリーマンが多いです。

しかし、サラリーマンの中には起業や転職を考えた場合には経営者の本を読むことで自分自身の知識を増やすことができます。
経営者が書いた本は、経営者自身の視点で物事を考えたことが本に記載されていることになります。
極端な解釈ですが経営者の仕事を疑似体験することになります。

経営者は、企業の事業全体を見る視点が必要となります。
そのため経営者が書いた本を読む事は、顧客視点、組織を動かす場合や事業の収益などについての知識や考え方を勉強することができます。

異なった視点で物事を考えることができるために経営者の本を読むことになります。

現在行っている仕事が行き詰まったときや仕事で新しいアイデアが必要な時にいろんな見方から考えることができるので、仕事に役立つことになります。

金融関係の本

金融関係の本は金融機関に勤めているサラリーマン向けの書籍となります。
この金融や資産運用に関する基本的な知識を身に付けることができ、実際に大手金融機関では、推奨している書籍があります。

また、サラリーマンにつきものの異動により新しい部署に配属した時の基本的な知識が不足している場合でも、必要な知識を本から勉強することができます。

特に専門的な知識が必要となる金融機関に勤めているサラリーマンには、必ず読んでもらいたい書籍になります。

サラリーマンにお勧めの図書「ビジネス書の使い道」

サラリーマンに役立つビジネス書

サラリーマンにお勧めの本の1つに「ビジネス書の使い道」があります。

ビジネス書を読むサラリーマンはかなり増えてきているのではないかと思いますが、どのビジネス書を「本当に活用できている」と自信を持って言うことが出来る人はどのくらいいるでしょうか。

ビジネス書を読んだだけで「なんとなく成功する気がする」という気になっている人も多いのではないでしょうか?

確かにビジネス書コーナーを訪れると「成功する」という文字が掲げられた本がたくさん並んでいます。
「これだけ読めば成功できる」なんて謳い文句もあるので、ついつい自分も成功した気になってしまう、成功する気になってしまう、という錯覚に陥ってしまいます。

もちろん読むだけで意識が変わって成功へ繋がってくるというビジネス書もあるので、それに影響されて成功する気になるのは全然問題ないのですが、「これを読んだら絶対成功するんだ」という根拠の無い自信を自分に持ってしまっているケースが問題です。

使えるビジネス書

本当に有意義な内容が書いてある本を読めば成功する可能性もありますが、自分の成功談を書いただけで、実際他の人には応用出来ないような方法だったり考え方だったりするビジネス書もいっぱいあります。

自分の名前を売り込むためにビジネス書で成功談を出しているだけで、「読んだ人が成功できるノウハウ」ではまったくないのです。

「読んだ人が成功できる有意義なノウハウ」を書いているビジネス書を選ぶのが理想なのですが、最近ではビジネス書もかなりの量が出版されているため、どの本が自分にとって有意義な情報が書いてあるかというのがわからないというケースも多々あります。

そこでこの「ビジネス書の使い道」という本を読むことをおすすめします。
この本にはタイトル通り、本来のビジネス書の使い道とはなにかが書いてあり、自分にとって有意義な情報が書いてあるビジネス書をどう選ぶかなどを学ぶことができます。

また今かなり売れていると言われているビジネス書も実際は役に立つことが書いていない可能性もあり、その書籍についても書名を出して具体的に解説しています。

これまでビジネス書を読んだことがない人はもちろんですが、読んだことがある日にとってもはっとさせられることのある一冊なのではないでしょうか。

道具は人が使うことで初めて真価を発揮しますが、ビジネス書も「道具」の一つです。
読む人がうまく使うことで、ビジネス書も真価を発揮してくれるのです。