文書管理システムについて詳しくご紹介します。

FileBlog

SLdoc7uK 0 Comments

シンプルながらに使いやすい

FileBlogの長所というと、やはりシンプルでありながら使いやすい共有機能、もしくはインターネットに対応している技術でしょう。

ファイル管理を行ってくれるシステムというのは、独自の技術により検索機能などが高まってきているため、近年では、このような機能に対しての評価が良く行われています。
ですが、ファイル管理、ファイル検索において多機能化も余儀なくされているため、FileBlogのように使いやすいシステムはあまりありません。

FileBlogは、ファイルを共有するフォルダについても自動作成されていますので、共有したいファイルを簡単にフォルダに対して分類できるのです。

これを人の手で行った場合、ファイルを管理するフォルダの内容についても理解していないといけません。
ですが、FileBlogの場合は共有フォルダ階層を理解しているだけで問題ないのです。
管理されているファイルなどは、どのフォルダ階層に置かれているのかも簡単に見分けられますので、フォルダの中身をチェックする手間も省けます。

そのため、Windowsのようにグラフィカルな画面で、ファイルの管理、共有を果たすことができるのです。
このような機能は他の管理システムにもありそうですが、今のところFileBlogのようにシンプルに構成されている管理システムは少ないです。

それと、FileBlogで管理しているファイルについては、Windowsと連動するようにもなっています。
つまり、他の人に見られたくないプライベートなファイル、もしくは重要なファイルをWindowsで設定していた場合、FileBlogで共有されるようになっても、同じようなセキュリティ状況で管理できるのです。

FileBlogは独自の検索エンジンを開発していますので、高速検索にも対応しています。
また、共有されているフォルダに対しても分析、管理が行えるようになっているので、どのようなフォルダにどのようなファイルが入っているのかも、FileBlogの高速検索ではわかりやすく表示されるのです。

なるべくシンプルになるよう配慮されているだけでなく、FileBlogではファイル全体の管理、高速表示が行えるようなシステムも導入されています。
そのため、今までに管理システムを使用したことがない人でも、感覚的に操作可能なシステムとなっているのです。

わかりやすいプレビュー

FileBlogは強力なプレビューも行えるようになっています。

そのため、ファイルをサムネイル表示することができますので、ファイルごとの区別が簡単につくようになっているのです。
このような対応は画像ファイルに対して行われているわけではありません。
社内で良く用いられるファイルではPDF、OFFICE文書などが存在しますが、このようなファイルや拡張子に対しても、FileBlogはサムネイルでわかりやすく表示してくれるのです。

Previous Post