文書管理システムについて詳しくご紹介します。

文書管理ソリューション 「MyQuick」

SLdoc7uK 0 Comments

多彩なデータを一括管理できる

文書管理ソリューション「MyQuick」の特長は、多彩なデータを一括管理できるシステムです。

文書管理システムであれば、このような機能を備えていることも多くありますが、文書管理ソリューション「MyQuick」は以下のような多彩な機能となっているため、他のシステムより応用の利く仕様になっているのです。

まず、文書管理ソリューション「MyQuick」の多彩なデータ収集登録機能というのは、高速で全文検索機能が行えるようになっています。
また、セキュリティ設定も各ファイルで行えるようになっているので、後になってセキュリティ管理でミスをする心配も少ないのです。

また、文書管理ソリューション「MyQuick」は、自動的に文書同士の関連性をチェックする機能が搭載されています。
そのため、検索などに時間がかかることもありません。
あいまいな検索であっても、関連性の強いファイルをピックアップしてくれますし、なによりも文書管理ソリューション「MyQuick」は高速で動作します。

さらに、文書管理ソリューション「MyQuick」はバージョンアップに関しても、明確な対応を行っています。
そのため、バージョンアップの影響で古いバージョンのものが管理できない・・・という心配もありません。
つまり、多機能なだけでなくシンプルに使えるような配慮もされているのです。

文書管理ソリューション「MyQuick」は、MyQuickサーバ1台で複数の文書を管理できるようになっています。
そのため、社内文書で良く用いられるExcel、PDFにも対応していますし、他にもLotusNotes、ファイルサーバーなどの他システムの文書にも対応しているのです。

文書DB(データベース)も各部門単位で作成できるようになっているので、文書そのものを部門ごとに管理できるシステムまで搭載されています。

無駄を省く機能も充実している

文書管理ソリューション「MyQuick」の機能には、低コストで運用できる機能も存在します。

RDBにかかってくる追加の費用も不要となっているので、コスト面も考えて文書管理システムを使いたいという場合は、文書管理ソリューション「MyQuick」がオススメです。

また、文書管理ソリューション「MyQuick」は他の文書管理システムとは違い、利用者の数で費用が変動する仕組みになっています。
つまり、ID数で費用が変動する仕組みではありません。
これにより無駄なID数とならないため、使用の際に多くの費用がかかるという心配もないのです。

文書管理ソリューション「MyQuick」はシンプルに使えるシステムでもありますが、それ以前にアプリケーションと連動できるなど、現代において良く用いられている機能との連動も考えて作られています。

Previous Post

Next Post