文書管理システムについて詳しくご紹介します。

NEC Information Assessment System

SLdoc7uK 0 Comments

斬新な機能が使える

NECInformationAssessmentSystemは、見える化と言われている斬新な機能が使えることで有名です。

見える化とは、ファイルサーバの利用状況が視認できるようになっているシステムです。
本来であれば抽象的な使用状況しか確認できませんので、いきなり利用状況が増えたとしても大まかにしかわからないようになっています。
ですが、NECInformationAssessmentSystemの場合は、利用状況が細かく表示されるようになっているため、現状どれほどの使用状況にあるのか把握することも簡単なのです。

なにより見えていることで、まだ使用し続けても問題ないのか?と疑問を抱える必要もありません。
このような斬新な機能は、NECInformationAssessmentSystem以外では見られないシステムです。

また、現在の使用容量だけが見える化されているわけではなく、NECInformationAssessmentSystemでは、将来の増加予測に対しても見える化が施されています。
例えば、現在置かれているファイルの中に重複しているものがあった場合、このようなファイルが積み重なっていくと管理が難しくなってしまいます。

そのような場合に供えて、NECInformationAssessmentSystemでは、フォルダごとの使用量だけでなく、整理したほうが良いファイルを分別して管理するのです。
これにより、目で見て無駄なファイルを削除するような対処が簡単に行えます。

NECInformationAssessmentSystemは、アクセス権限の可視化も可能となっています。
グラフィカルに表示されるようになっているので、見た瞬間にアクセス権限がどのようになっているのかわかるのです。

システムによっては多数のファイルが自動作成されますので、アクセス権限に問題があるものは、NECInformationAssessmentSystemの分析により、アクセス権限が正しくないことも指摘されるようになっています。

その他の機能

NECInformationAssessmentSystemの機能として、その他の機能として分類されているものの中には共有に関する機能もございます。

社内、もしくは部署で対応しているファイルを自動的に分類、そして共有できるシステムが存在するのです。
これにより、不要ファイルを社内の人であれば削除できるので、目視作業を行った上で正確に削除することもできます。

ものによってはファイル数が異様に多いこともありますが、その際も自動的に分別されグラフィカルに表示されるため、削除したほうが良いファイルをピックアップするのも難しくありません。

Previous Post

Next Post