文書管理システムについて詳しくご紹介します。

Trinity

SLdoc7uK 0 Comments

システム分析に役立つTrinity

Trinityの長所ですがシステム分析において評価されているところです。

システム分析とは、今では多様化されているドキュメントに対しての分析です。
本来であれば、通常のドキュメントをそのまま利用する形で、システムというものは使用されています。
ですが、そのままではプログラミング上で不便、もしくは整備が不十分であると判断されるのです。
このような問題に対応してくるものがTrinity。

Trinityはコンプライアンスの観点においても優秀です。
例えば、業務の改善、管理体制のチェックにおいても自動で対応してくれるからです。
システムを全体で管理できるTrinityを採用していると、ドキュメントの管理においても苦労が減るでしょう。

また、Trinityを使用することでソフトウェア資産を元にした設計書も自動作成できます。
今まで管理してこなかったソフトウェア資産。
しかし、放置しているとどのようなソフトウェア資産があったのか不透明になってしまうので、今ではTrinityのようなシステムも評価されるようになったのです。

さらに、Trinityにはスケジューラーとしての機能も搭載されています。
例えば、RPGソースを日本語化できるようになっていますので、RPGソースの管理も楽になります。
そのため、RPGソースの管理に慣れていない新人であっても、Trinityのサポートを受けることで現在の状況を正しく理解できるのです。
これを人の手で行った場合、仕事そのものに対して支障が発生することもあるでしょう。

また、どのようにしてRPGソースが管理されるのか?というと、最初からTrinityに用意されているフィールド名などを参照する形で、フィールド名、処理名などが決定していくだけです。

このようにシステム分析、システムそのものを自動振り分けしてくれるため、システム管理においてはTrinityが有用であると評価されているのです。

まずは無償版を使ってみよう

Trinityについてですが、あまりこのようなシステムを使ったことがない人でも使いやすいという特長もあります。

なので、Trinityの利用をお考えの方は無償版を使ってみることをオススメします。
システムがまとめて管理されることでリスクが減り、細分化されることでプロジェクトを組みやすくなるシステムの利便性。
そのようなものをまとめて体験できるようになっている無償版が、誰でも使えるようになっているので、まずは無償版から商品の良さを確かめてもらいたいものです。

また、常に最新版が用意されているだけでなく、仕様変更などの細かい説明も説明書を通じて確認できるようになっています。

Previous Post

Next Post