サラリーマンにお勧めの図書「完訳 7つの習慣 人格主義の回復」

先の見えない時代だからこそ見直したい「人格主義」

「完訳 7つの習慣 人格主義の回復」は、著者であるスティーブン・R・コヴィー博士の没後1年を機に、新たに翻訳をされた新装版です。

日本で出版されたのは2013年8月で、キングベアー出版から出版をされています。
原書は全世界で3000万部を超える大ベストセラーとなっており、新装版以前にも日本では180万部を超えるヒット書籍でした。

しかし旧版では完全に原書の意図した内容で翻訳をされている訳ではないとの批判もあり、ベストセラーになったことで部分的に誤った箇所を修正すべきという意見が多く出されるようになったのです。

そこで新たに出版されることになったのが「完訳 7つの習慣 人格主義の回復」で、特に「人格主義の回復」という言葉に原書でメインテーマになっていることが集約されていると言います。

本の中では「7つの習慣」として人が行うべき習慣を7つに分類をして、それぞれの意味を説明しています。

主体的である(パーソナルビジョンの原則)
終わりを思い描くことから始める(パーソナルリーダーシップの原則)
最優先事項を優先する(パーソナルマネジメントの原則)
Win-Winを考える(人間関係におけるリーダーシップの原則)
まず理解に徹し、そして理解される(共感によるコミュニケーションの原則)
シナジーを創り出す(創造的協力の原則)
刃を研ぐ(バランスのとれた自己最新再生の原則)

というのが具体的な7つの事項として挙げられており、これをすべて実行していくことが「人格主義の回復」につながるとしています。

現代はダイバーシティなど多様化や個性を重視する時代ですが、そこでついつい誤って考えてしまいがちなのが「個性主義」ということです。

自分の個性を主張することと社会性を維持することは異なっており、そこで「人格主義」という考え方が必要になってきます。

人としてのマインドを確立する事こそが豊かな人生を送るポイントになるとこの本では言っており、一つずつでも実行していくことが推奨されています。

漫画版でも出版されています

ちなみにこの「完訳 7つの習慣 人格主義の回復」は、旧版とともに漫画版が出版されています。
旧版は「7つの習慣-成功には原則があった!」というタイトルとなっており、翻訳も主に「人生を成功させるための方法」という風にまとめられています。

漫画版は本書で紹介されている7つの法則を1つずつ1冊の単行本にしており、亡き父の姿を追ってバーテンダーを目指す女性が主人公の、わかりやすいストーリー展開です。

原書は非常にボリューム感があり翻訳書なので所々にわかりにくい箇所もありますが、漫画版では導入部から入りやすく理解しやすい形で提示してくれています。

サラリーマンにお勧めの図書「「原因」と「結果」の法則」

何をやってもうまくいかないと思ったときに読みたい本

「「原因」と「結果」の法則」は、1902年に英国の作家であるジェームズ・アレンによって出版された書籍です。

日本には仏教用語に由来する「因果応報」という言葉がありますが、世の中にあることには全て何らかの理由があってその結果が導き出されるものだ、ということを自然に理解していることと思います。

しかしそうは思っていてもズルやインチキをした人が世の中で大成功をしていたり、頑張ったり我慢をしたりしている自分が周囲に一向に認められず、失敗ばかりを繰り返してしまうということもまた世の中では起こります。

「何をやってもうまくいかない」という時期は長い人生の中で必ず訪れるものですから、そうしたときにこそ「「原因」と「結果」の法則」を読んでみてもらいたいです。

作者のジェームズ・アレンは19世紀後半から20世紀初頭までの間に活躍した英国の自己啓発作家であり哲学者であった人物で、「「原因」と「結果」の法則」は代表的な著書とされています。

「「原因」と「結果」の法則」は原文では「As a man Thinketh」といい、直訳すると「人が考えるように」という意味です。

本のテーマになっているのは本人の心の持ちようによって世の中は変化をしているという事で、もし今よくない結果ばかりに付きまとわれているなら、それは自分自身がそういう結果を呼び込みやすい考えに陥っているからだといいます。

ジェームズ・アレンの残した言葉に「不幸せの原因は他の誰かの身勝手ではなく、自分自身の身勝手である」というものがありますが、うまくいかない時期こそ世の中や周囲の人ではなく自分自身を深く省みるようにしたいところです。

宗教によらずに自己を啓発するところに意味がある

欧米文化というのは古代からキリスト教が社会生活に根深く関わってきたことから、自己啓発も宗教的な観点から行われることが多くありました。

しかしこの「「原因」と「結果」の法則」は、宗教的な思考から離れた自己分析による自己啓発をしているという所に、大きな意味があります。

書籍内には「自己制御は熟練技能」としている箇所もあり、自分の感情や思考のコントロールは何か見本があってその通りにすればよいというわけではなく、自分自身で深く思考することでようやく達成できるものとしています。

「「原因」と「結果」の法則」が出版されてから既に100年以上が経過していますが、それでもまだ世界中でベストセラーとして読み継がれています。
特定の価値観によらない普遍的な倫理観の確立が、多くの人に受け入れられたということでしょう。

この本は読むことがゴールではなくスタートなので、ぜひ明日からの自分を変えるために手にとってみてください。

サラリーマンにお勧めの図書「世界は感情で動く : 行動経済学からみる脳のトラップ」

世の中は合理的にはできていないことがわかる本

「世界は感情で動く : 行動経済学からみる脳のトラップ」は、統計や実験による行動経済学の観点から、世の中に起こる事象をまとめた書籍です。

私達は普段の生活の中で数多くの経済活動をしていますが、それは必ずしも合理的な判断によって行っているわけではありません。

例えばふらりと街を歩いていたときに見かけた品物を衝動的に買ってしまったり、自分の周囲で同じようなものを持っている人がいるのでなんとなく自分でも買ってみた、というような具合です。

他にも「自分の予想はいつも当たる」や「記憶力がよく幼い時の記憶も明確に残っている」といった経験は、多くの人にあるのではないかと思います。

個人レベルで見るとそうした感情による経済活動は特に問題のないありふれたことです。
しかし世の中という広い目で見た時、そうした感情的な経済行動が、時に政治やマクロな経済動向を形成していたりします。

行動経済学とはそうした集団の経済行動を過去の事例をもとに研究したもので、必ずしも合理的でさえあれば世の中に受け入れられるわけではない、という疑問を明らかなものにしています。

普段から「自分はいつももっとも合理的と思うことだけをしている」と思っている人ほど、案外こうした感情のトラップにかかってしまっている事が多いので、自分の行動を振り返るという意味で一読をしてもらいたい、おすすめの書籍です。

不確実な世の中になると人は非合理的な行動に出る

著者はダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーの二人で、主に1970年代後半~1980年代前半にかけての経済行動を詳しく研究してきた学者です。

研究の結論として、「人は不安定な未来に直面した時に不合理な行動に出る」としており、その傾向をいくつかの規則に分類して解説しています。

具体的には「プロスペクト理論」という、リスクを伴う決定をする時にどういう思考をするかということで、利益と損失の両方を避けられない時にどういう行動をとりやすくなるか、ということを本書の中で示しています。

行動経済学は非常に奥が深く、現在もまだ研究をされている分野ですが、その入門書としてこの本は非常にわかりやすくまとまっています。

セールスや経営の仕事をしている人はもちろんのこと、一般教養としても非常に興味深い内容となっているので、より幅広く読んでもらいたいです。

選挙や会社の人事採用といった現場のような「人を選ぶ」場面においては、必ずしも利益と損失が目に見えるわけではありませんので、直感や感情による曖昧な選択というものが顕著になってきます。

特に株価の予測など大きな視点で見たときの経済学の理解が大きく変わってきますので、一冊読み終わるときには世の中を俯瞰して見ることができるかもしれません。