文書管理システムについて詳しくご紹介します。

文書管理システム利用のメリット

経営効率もアップ

文書管理システムは、とても便利なシステムですし、導入することによって会社へのメリットは計り知れません。情報

システムを使うことによって会社の経営効率はかなりアップしますし、それだけでなくコストも削減されて、情報のセキュリティなども強化されますから会社にとっては役に立つことばかりではないでしょうか。

今や情報社会ですので、膨大な数の情報を所有している会社ですが、その情報を一つ一つ管理していくということはとても大変なことですし、その情報をしっかりとした体制の中でセキュリティなども考えて管理していくというのは本当に大変なこととなるでしょう。
ですから、文書管理システムを導入するメリットはとても高いといえるのです。

そんな、メリットが豊富な文書管理システムにおいて、Ofigoというサービスがあります。
これは使いやすさだけでなく、セキュリティ面もしっかりとしているのでどちらも両立させた商品です。

特徴としては、簡単に登録をすることができます。
利用するのに研修会を開いたり、使い方の説明会を開く必要がないほど簡単で直感で操作できるのです。登録するに当たってはドラッグしてドロップするだけでファイルの区分けは4階層まで可能ですので、これなら誰でも簡単に登録できます。

そしてサーバー内は暗号化されているのでセキュリティ面でも安心ですし、アクセス制御やログ管理なども徹底しています。

セキュリティ機能がかなり充実しているのですが、この製品と同レベルの製品の値段を見れば、いかにコストパフォーマンスが高いのかがわかります。

文書だけでなく、厳重に取り扱う必要がある契約書の管理もOfigoでは可能です。
紹介:契約書管理おすすめ製品はこちら

導入もインストーラと簡単ツールだけなのでとても簡単にスマートに導入できます。
Ofigoを導入して文書管理をシステム化すれば利用者の権限設定もできますし、それ以外にも管理のシステムの担当が一任されることにもつながります。

この製品はシステム化した後でも、現場のものは現場の担当者が操作ができますし、システム管理者だけでなく各キャビネットの範囲内で管理の権限を持っている限定的な管理者を決めることができるのです。
システム化する前の運用にできるだけ近づけたスタイルで行うことができるというのもメリットです。

文書管理システムのメリット

1.業務効率がアップ

2.情報の長期保存

3.スペース削減

4.資源の共有