サラリーマンにお勧めの図書「スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫」

明治の2大書籍の作者スマイルズ

サミュエル・スマイルズは、19世紀初頭から20世紀にかけて活躍をした英国の医師であり、作家であった人物です。

日本においてもスマイルズは非常に人気が高く、福沢諭吉の「学問ノススメ」と並んで明治の二大書籍として挙げられている「西国立志編」を著した人物として知られています。

この「西国立志編」は別名「自助論」とも言われており、明治維新の直後の先行き不透明な環境に置かれていた時代にどのように国や個人のアイデンティティを作っていくかということを提唱しました。

本のことはあまり詳しく知らないという人も「天は自ら助くる者を助く」という言葉は知っていると思いますが、これは自助論の序文に登場する一節です。

英国や日本以外の国にもサミュエル・スマイルズの著書は多数出版されており、19世紀同様に不安定な時代に置かれた若い世代にとって非常に大きな道標となってくれます。

「スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫」は、そうしたかつて明治期に日本人の心を掴んだ書籍を新たに翻訳し、読みやすく現代人にもわかりやすい形でまとめた新装版です。

書籍の中には歴史上の偉人が残した名言が多数引用されており、その一つ一つを読んでいくだけでもかなり教養を高められます。

同時に歴史に名前は残っていないものの、偉大な行いをした無名の人物のエピソードなども紹介されており、「自助」の精神の尊さを教えてくれます。

21世紀でどう自助論を読むか

「自助論」は文字通り「自分自身で自分を助ける」という思想のことです。
「天は自ら助くる者を助く」という言葉に象徴されるように、自分自身で動こうとしない人間が周囲から助けられるということはありません。

サミュエル・スマイルズが残した名言の中には「人間をつくるのは安楽ではなく努力」「やり続けていればチャンスは必ず訪れる」といったかなり前向きなものが多く、20代前後の若者にとっては希望になるのかもしれません。

しかし一方で全てを「自助」で片付けてしまうことは、失敗をした人や思うように人生を送ることができていない人を「努力してこなかったから本人のせい」と切り捨ててしまうことにもつながってしまいます。

古い著書であるということから解説が不十分な部分も多く、行間は自分で読み取らなくてはいけないというところも多くあります。

逆に言うと20代が読む自助論と40代で読む自助論には解釈が異なる部分も生じてくるということです。
若い頃に一度手にとって見たことがあるという人が、再び読み返してみるということもおすすめできます。

自助論のもう一つのテーマは「儲けばかりを考えていては偉業は達成できない」ということで、こちらは現在でも共感しやすいテーマと言えます。

サラリーマンにお勧めの図書「スタンフォードの自分を変える教室」

ポジティブシンキングをするための教科書

「スタンフォードの自分を変える教室」は、日本で有名な自己啓発家の人の多くが、参考にした本として挙げていることでも有名な書籍です。

この本は既に世界20カ国で刊行されている大ベストセラーであり、もともとはスタンフォード大学で教員をしているケリー・マクゴニガルの授業をもとに、一冊の内容としてまとめたものです。

ケリー・マクゴニガルはスタンフォード大学で最も優秀な教員に贈られる賞であるウォルター・J・ゴアズ賞など多数の賞を受賞している有名な女性で、他にも多くの講義内容をもとにした書籍が出版されています。

全米ではニューヨーク・タイムズをはじめとした有名メディアで数多く紹介をされており、多くの場所で絶賛を受けています。

何かと批判の的になりやすい自己啓発本においてここまで高い評価を受けている例はあまりなく、多くの人が「読んだことで人生観が変わった」というポジティブな意見を寄せているほどです。

本のテーマとなっているのは「人生を最高なものにするための方法」ということで、考え方や生活習慣などを変えていく事で、自然と人生を上向きなものにしていくことができるとしています。

ものの考え方だけでなく、食事や呼吸など具体的なノウハウも詳細に記載されてるところがポイントで、特に自分の人生設計や将来について悩みや不安がある女性には受け入れやすいのではないかと思います。

素直な気持ちで受け入れるということが最も大切

女性の書く自己啓発本というと、どうしてもスピリチュアルなことや宗教的倫理を全面に出した科学的根拠の乏しい内容のようなイメージがあります。

しかしスタンフォード大学はハーバード大学やケンブリッジ大学などと肩を並べる、世界で最もランキングの高い大学の一つに位置する場所であり、その講義として実際に行われた内容をもとにした本書はそうした常識には当てはまりません。

一見当たり前のことを述べているようでも、その裏にはきちんとした根拠が示されています。
ですので自己啓発に懐疑的な人であっても素直に読み進めていくことができ、自然に書かれていることを受け入れることができます。

読み始めて第一章からすでに十分に役立つ内容にあふれているので、その後もどんどん読み進めていくことができ、普段はあまり読書をしていないという人でも気軽にページを開くことが出来るでしょう。

抽象的な話については実例を元にして話を展開しているので、まるで海外ドラマの脚本でも読んでいるかのような楽しさがあります。

当たり前の内容の中にも、日常でよくある心理の動きや認知のゆがみなどを鋭く言い当てている部分があり、読み終わることで自分や他人の行動を客観的に見る目を養うことができます。

サラリーマンにお勧めの図書「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす」

才能はないのではなく気づいていないだけ

就職活動をしていると必ず言われるのが「自分の強みを活かす」といったことです。
就活中以外にも、社会人セミナーや自己啓発セミナーで必ず言われる言葉の一つとなっています。

人は誰しも得意と不得意な分野がありますが、さりとて得意であるからといって、他の人よりも際立って優れた能力を持っている人というのは多いわけではありません。

思うように評価を受けられなかったりなかなか結果に結びつけることができないことが続くと、「自分には才能はないのではないか」という不安が湧き上がってきます。

しかし現在社会的に成功をしている人であっても、生まれつきそのように素晴らしい才能があったというわけではありません。

天才と言われている人とそうではない人とで最も大きく違うのは、自分の才能とその伸ばし方を知っていたかどうかということです。

才能というと人よりも優れた「足が速い」「絵がうまい」「計算が早い」といった目に見えてわかりやすいことばかりが気になりますが、一見周囲から欠点のように思われていることも見方を変えれば長所になることもあります。

「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす」は、そうした自分の中に眠っている長所の存在に気づき、実生活に活かしていくための方法を段階的に教えてくれています。

性格診断が的確すぎると評判に

「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす」では、自分の強みを活かす方法を5つの分野から分析をしていく形をとっています。

書籍は357ページとボリューム感がありますが、これはそれぞれの分野ごとに性格に応じた対応方法を紹介しているからです。

本を読み進めるとまず最初に登場するのが「性格診断」で、簡単な質問に答えていくことで、自分の適性を5つの分野から調べていきます。

こうした性格分析は占いの本などにもあるので若干胡散臭く感じるかもしれませんが、この本の分析は非常に的確であるということが評判で、客観的に自分の適性を知ることができます。

適性は5つの項目から導き出されるので、該当するページを読むことで自分にとって必要な考え方をアドバイスしてもらえます。

なお書籍を購入すると、より詳しく自分の強みを分析することができるWebサイト「ストレングスファインダー」にアクセスできるIDがついてきます。

購入したユーザーの多くはこの「ストレングスファインダー」を目的にしているようです。
読了したことで新しい自分に気がつくことができたという好意的なコメントも多く、あまり固く考えず自己分析の一つの手段として本やサイトを利用してみるのがおすすめです。