サラリーマンにお勧めの図書「人生と財産」

和製ウォーレン・バフェットと言われる本多静六

日本人はお金の話が苦手と言われていますが、明治時代よりもさらに以前の江戸時代に既に「お金の活かし方」を理解していた日本人が存在します。

それが本多静六で、幼少時代に貧しい生活を送ったにも関わらず85歳で亡くなるまで、造園家として巨額の富を築きました。

本多静六が生きた時代はかなり昔のことではありますが、その生き方や残した言葉は現代に十分通じるものがあり、半生を綴った書籍は今も非常に人気があります。

この「人生と財産」は本多静六が自分自身で発見した金銭と財産の哲学を一冊にまとめたもので、お金のことを学ぶ教本として名作中の名作と言ってよい本です。

出版社は日本経営合理化協会出版局で、2000年1月に出版して以来大人気で版を重ねています。
単行本ながら10,000円を超える中古品が出回っており、自分で購入をするにはちょっと苦労をしてしまうかもしれません。

「よき人生は、よき人生計画に始まる」

本多静六は非常に名言を多く残した人であり、その言葉の裏には苦労をして過ごしてきた半生がにじみ出ています。

生まれは現在の埼玉県久喜市菖蒲町にあたる旧武蔵国埼玉郡河原井村というところで、生家は村でも代々名主を務める裕福な農家でした。

清六は六男として生まれているのですが、9歳のときに父親が急死をしてしまったために一気に家に借金が発生し、それまでとは打って変わって厳しい生活を強いられることになりました。

そんな中でも必死に勉強をして14歳の時には書生として先生の家に住み込み、農家の仕事が少ない時期には上京して勉強を続けました。

明治17年には大学を主席で卒業しており、その後ドイツへ留学します。
帰国後は母校に戻って助教授に就き、教授になりました。

学者としての顔を持ちながら堅実な造園家としても知られており、日比谷公園や北海道の大沼公園、福島の鶴ヶ城公園などといった有名な公園の設計・改良を行います。
さらに関東大震災の時には内務大臣より復興計画を依頼されました。

貧しい農家から着実にステップアップをしていく様子は和製ウォーレン・バフェットを思わせますが、本人は自伝の中で、自分は凡庸な才能の持ち主であったとしています。

何度も本の中で語っているのは「計画と実践」であり、手っ取り早く成功をしようと思うものは手っ取り早く失敗もする、とたしなめています。

また批判や否定的なものの見方ばかりする人を注意しており、世の中のものの見方を変えればそれだけで成功に近づく、という哲学を唱えています。

「よき人生は、よき人生計画に始まる」というのも本多静六の残した代表的な言葉の一つで、焦ってすぐに結果を出そうとするのではなく、着実に結果を出すことができる方法を考えながら生活していくことが大切としているのです。

サラリーマンにお勧めの図書「採用基準」

実際にわからない採用基準

採用基準

就職活動を行っていると疑問に思うのが、最初の合否になります。
エントリーシート情報や面接を行うだけで合否を決めるのは、どのように決めているのか学生ならば誰でも知りたい情報になります。

しかし、就職活動中にこの情報を実際に知る機会は一切ないというのが現実になります。
実際に選考を行う企業の採用したでは、トラップや伝えた情報を分析しているか本人の自己判断能力を知るためにこれらのテストを行う企業があります。

また、都市伝説となっている事は実際には起こらないことが現実なので、何事にも一生懸命取り組む姿勢や最近の世代にないあきらめない努力が必要と考える採用者がいます。

そのため就活では絶対に落ちる条件が決まっていても受かるマニュアルが存在しないので、噂を信じないことと自分を信じることが就活には必要となります。

書籍採用基準

就活生が気にするタイトルの本が採用基準です。
この採用基準の本では、実際に大手企業で採用担当を行っていた人が実際に著した本になります。

そのため期待してしまうのがこの本を読めば確実に就活が成功すると考えてしまう人たちです。
この本に書かれている内容や著者の話では、会社で社員の仲間を牽引するリーダーシップに関して書かれている本になります。

この本で記載されているリーダーシップの中でも英語力に関する記載があります。
多くの日本人は苦手としているのが英語力だといえます。

普段から英語を基本としてを会話や英語の文章だけで仕事をする機会が少ない日本人にとっては、英語が苦手な人が多いです。

しかし、現代の日本の企業では英語力に関する危機感が持たれているため英語力を養う努力をしている人が多いです。
リーダーシップとして必要な資質だけでなくリーダーシップの欠如に関する問題意識が少ない点があります。
また、リーダーシップを教える年齢が決まっていないのが日本の学校だといえます。

リーダーシップの資質は統率力や牽引力よりも問題解決ができる能力が必要だとこちらの本では記載されています。
今までのリーダーシップ論とは異なるリーダーシップの資質を記載しているのがこちらの採用基準の本になります。

また、こちらの採用基準の本の中で記載されているリーダーシップのイメージとして日本と諸外国とくにアメリカや欧米のリーダーシップのイメージの違いを如実に表しているので、国際社会や国際経済の中で企業が戦っていくこ行くために必要なリーダーシップ論の説明があります。

現在のグローバルの企業で求められているリーダーシップの資質なので、サラリーマンの人が出世していくまたはリーダーとしてプロジェクトを遂行していく時に必要な心づもりを勉強することができます。

サラリーマンでリーダーに抜擢され不安になっている人は、こちらの採用基準の本を読んで今後求められているリーダーシップの人物像を想像するのも自分自身のスキルに役立つことになります。

サラリーマンにお勧めの図書「君に友達はいらない」

本を読む理由

勉強

サラリーマンの中には、時間がないと一方的に決めて本を読まない人がいます。
電車通勤などをしていれば本を読む時間を確保できることになりますが、それ以外の通勤方法の場合には本を出勤途中で読むことが難しいです。

最近は電子書籍の普及によりスマートフォンを利用することで本を読むことができます。
そのおかげでサラリーマンの人たちが満員電車の中でも本を読むスペースを確保することができます。

本を読む理由としては、いろいろあるため、きりがないのですが、テレビを利用した情報収集の場合には、一方的にテレビが情報を伝えるだけになります。

テレビの音声が耳からそして映像が目から入るため本人は考えずに情報を入手できますが考えながら見なければ情報を定着するのが難しくなります。

本の場合には、自分の意思がなければ本の情報を入手することができないです。
目で文字を読みながら脳で考えることで情報を入手し定着することができます。

また、本を読むことが情報を入手するだけでなく、本の文章力を勉強することができビジネス文書などの作成向上につながることになります。

サラリーマンの中には本を読むことが苦手な人もいますが、最初から難しいをを読むのではなく読みやすいもしくは簡単な本から始めることで文章の力も養えることになります。

経営者の本

サラリーマンの場合には経営者は対極の場所に存在することになります。
それはサラリーマン全員が経営者として仕事をするわけではないので、経営者の考え方を知る必要はないと考えるサラリーマンが多いです。

しかし、サラリーマンの中には起業や転職を考えた場合には経営者の本を読むことで自分自身の知識を増やすことができます。
経営者が書いた本は、経営者自身の視点で物事を考えたことが本に記載されていることになります。
極端な解釈ですが経営者の仕事を疑似体験することになります。

経営者は、企業の事業全体を見る視点が必要となります。
そのため経営者が書いた本を読む事は、顧客視点、組織を動かす場合や事業の収益などについての知識や考え方を勉強することができます。

異なった視点で物事を考えることができるために経営者の本を読むことになります。

現在行っている仕事が行き詰まったときや仕事で新しいアイデアが必要な時にいろんな見方から考えることができるので、仕事に役立つことになります。

金融関係の本

金融関係の本は金融機関に勤めているサラリーマン向けの書籍となります。
この金融や資産運用に関する基本的な知識を身に付けることができ、実際に大手金融機関では、推奨している書籍があります。

また、サラリーマンにつきものの異動により新しい部署に配属した時の基本的な知識が不足している場合でも、必要な知識を本から勉強することができます。

特に専門的な知識が必要となる金融機関に勤めているサラリーマンには、必ず読んでもらいたい書籍になります。